オリジナルで自作パソコンを開発!必要な費用とパーツの種類

拘りの1台が作れる

注文準備も楽しいひと時

ノートPC

好きなパーツを組み合わせて、自由にパソコンを作れるのが自作パソコンの魅力です。
パソコンパーツの販売店が集う電気街へ行けば、必要なパーツや工具類も揃いますが、新品パーツは化粧箱に入っていますから、一度に買った場合は意外と大きな荷物になります。
そこで、ネット通販で取り寄せるのも得策ですので、先ずはその準備として、パーツの購入先をチェックしましょう。
同じパーツでも販売店によって値段が違うため、比較してから取り寄せるのがポイントです。
また、自作パソコンではパーツを組み込むパソコンケースも必要ですから、どれを買うか選ぶことも大事な事前準備になります。
特に拘りがなければ安価でオーソドックスなケースでも構いませんが、スタイリッシュなケースや、ギミックが盛り込まれたメカニカルなデザインのケースもありますので、色々なパソコンケースを見ておきましょう。
しかし、肝心のパーツの選び方が分からない、といった場合は、自作キットに着目するのもおすすめです。
パソコンパーツ店や、ショップブランドのパソコンを販売する店舗では、パーツ類がセットになったキット商品も数々販売しています。
これなら適合パーツが最初から揃っているため、CPUのソケットタイプとマザーボードの規格を合わせるなど、適合性を気にせずに済むので便利です。
自作パソコンの組み立てキットは、標準的なパーツ構成はできあがっていますが、細かなカスタマイズが可能な場合も多く、その際は必要に応じてパーツを変更できるようになっています。
例えば、メインメモリーやストレージの容量を増やしたい時は、各パーツのプルダウンメニューなどを開きますと、大抵そこから選択できるので申込方法も簡単です。
手軽に自作パソコンを取り寄せられるのがメリットですから、初めての場合はキット商品も魅力的になります。

パソコン作成のメリット

男性

自作パソコンとは、パソコンを使う人がパソコンを構成する部品を使用して、自分で組み立てるパソコンのことをいいます。
すなわち、CPUやメモリやハードディスクやその他の部品をそれぞれ調達してきて、組み立てる必要があります。
自作パソコンをつくるメリットですが、まずはメーカーで製造されたパソコンよりも、安価で製造できるかもしれないところです。
しかし最近のパソコンは、かなり安価で高性能のものを、手に入れることができるため、場合によっては、メリットは少ないかもしれません。
次のメリットですが、自分の好みの性能をもったパソコンを作れることです。
なぜならば、メーカーで製造されたパソコンは、あらかじめ、CPUやメモリやハードディスクなどのスペックが決められています。
しかし、自作パソコンであれば、好みのスペックでパソコンを作ることができます。
次のメリットですが、メーカーで製造されたパソコンは、当初からプリインストールされたソフトウェアやデバイスドライバやCD-ROMなどがついている場合が多いです。
しかし、自作パソコンは、これらのパソコンの動きが重くなる原因となるものも、自分の好みでつけることができるのです。
このように、メリットばかりのように見える自作パソコンですが、デメリットもあります。
それは、組み立てたパソコンの動作保証がないことです。
また、故障した時の対処を自分でしなければならないことです。
しかし、最近の自作パソコンは、自作キットなどの、部品がセットになっていて組み立てるだけの、故障のリスクが低いものもあります。

GPUとフルハイトが鍵

パソコン

パソコンを使う時はモニターを見て操作しますが、その画面を生成しているのがグラフィックコントローラです。
これには内蔵型と単体型があり、軽い作業だけに使う自作パソコンなら、内蔵型のグラフィックコントローラでも役に立ってくれます。
内蔵型にはマザーボードにグラフィックチップセットを積んだタイプもありましたが、現在ではGPUと呼ばれる描画演算装置が、CPUのコアに組み込まれた統合型が主流です。
しかし内蔵型は高度なグラフィック処理には向きませんので、その場合は単体型となるグラフィックカードを別に用意する必要があります。
グラフィックカードはGPUのスペックの違いなどから多彩に揃っていますが、サイズ的にはフルハイトと、その半分ほどのロープロファイルに2分されるのが特徴です。
そして、ここでポイントになるのが、自作パソコンで用意するパソコンケースのタイプになります。
ロープロファイル仕様の省スペース型では、ロープロファイル規格しか組み込めず、フルハイトのグラフィックカードは装着できません。
基本的に高性能なグラフィックカードはフルハイトに多いのも特徴ですから、自作パソコンで強力な描画性能を求める場合は、ミドルタワーなどのフルハイトに対応するケースが必須です。
また、GPUは高負荷になるほど蓄積温度が上昇しますので、高性能なグラフィックカードには大型のヒートシンクが搭載されているのが特色になっています。
製品によりましては、冷却装置を含めて2スロット分を専有するグラフィックカードもあるため、その点でも描画性能重視の自作パソコンなら、タワー型のケースが有利です。
一方、グラフィックカードにもメモリーが搭載されており、容量が大きいほど描画能力にも余裕が出ます。
さらに搭載メモリーの応答速度が速ければ、それだけ描画スピードが速くなるのも特徴です。

パソコンを自作する理由

男性

性能やデザインにこだわった自分だけのパソコンを手に入れたいなら、自作パソコンがおすすめです。パーツの構成が自由で拡張性も重視できます。パーツやストレージを一から選んで組み立てていく楽しみも味わえますよ。

もっと読む

自分好みにカスタマイズ

女性

自作パソコンなら、自分の希望するパソコンを作り上げることができます。ゲームや音響など目的に合わせた部品を組み合わせれば完成するのです。一つ一つの部品だけでなく、好きなOSもインストールできます。修理費用も部品代しかかかりません。

もっと読む

拘りの1台が作れる

ノートPC

ネット通販で自作パソコンのパーツを買う時は、前もって各店の価格を比較するなど、事前準備をしてから取り寄せましょう。また、キット商品を購入する際は、注文画面のプルダウンメニューから選択して、スペックをある程度カスタムして申込むのも得策です。

もっと読む