オリジナルで自作パソコンを開発!必要な費用とパーツの種類

自分好みにカスタマイズ

拡張性が高い

女性

自作パソコンは市販のパソコンに比べていくつか優れた特徴があります。
作り方さえ理解すれば、自分のあった便利な自作パソコンを作れるのです。
最大の特徴はやはりパーツの拡張性の高さにあります。
自分がどういうパソコンを作りたいのかその希望にぴったり合った物が実現可能です。
例えばパソコンで本格的なゲームがしたい人は、映像にこだわったりファンの音がしない静かなパソコンも作れたりします。
また、後々パソコンの性能をもっと上げたい時も最適な部品を探して交換できるのです。
拡張性の高さは部品だけでなくOSにも当てはまります。
一昔前や最新のOSにしたい時は購入してインストールすれば完了です。
また、部品が壊れた時は修理ではなく買い替えればいいので費用も安くつきます。
市販のパソコンだとHDDやディスプレイなどに不具合が起きたら修理に出さないといけません。
修理費用に数万円はかかってくるでしょう。
古ければ新しいパソコンに買い替えないといけません。
自作パソコンなら自分で部品を購入して交換する形となります。
費用として単純に部品代のみで修理をすることが出来るでしょう。
便利な点が多い自作パソコンですが、その分不具合が起きた時は自分でどこが悪いのか特定しなくてはなりません。
一つ一つの部品を交換して不具合を見ていくことになります。
知識と経験が十分あればどこの部品が不具合を起こしているかある程度予測できます。
全く分からないうちは苦労するかもしれません。
もしもの時に備えてあらかじめ調べておくと役に立ちます。

自作における豆知識

PC操作

自作パソコンを製作する際は、どのような構成にするかをイメージすることが大切です。
例えば快適にゲームをプレイしたい場合や、高画質な動画を編集したい場合には高性能なPCが必要になるため、ハイスペックなパーツを選ばなければいけません。
闇雲に安いパーツを選んでいては失敗してしまうので、必ず構成をイメージしてメモに書き留めておきましょう。
自作パソコンの予算は最低で1万円から、ハイスペックなPCなら30万円近く掛かることもあります。
1〜2万円程度であれば一世代前の中古品を寄せ集めて製作することができます。
性能は期待できませんが、最低限インターネットができれば満足という方向けです。
4〜10万円ほど出せればミドルスペックの自作パソコンになります。
一般的な動画視聴やWEBページの閲覧であれば何の不自由もなく使用できます。
高画質な動画を視聴し、快適に編集作業を行う場合は10〜15万円程度のハイスペックPCが必要となります。
ミドルスペックでも可能ですが、動作が重くなる場合があるので、高度な作業をするのであれば高性能なパーツで構成します。
メーカーが販売している既製品ではこのようにパーツを自分で選ぶことはできず、あらかじめ固定されたスペックの中からしか選択することができません。
痒いところに手が届かないので、使い続けていると不満を感じる箇所が増えてくるケースが多いです。
一方で自作パソコンなら最初から自分の必要とするスペックのPCを自由に構成できるので、長期間に渡って快適に使用できるPCが製作できる点がメリットです。

スペックを自由に決める

パソコン

新しくパソコンを買いたいけれど、なかなか自分のニーズに合ったパソコンが見つからないと思ったら、自作パソコンを検討するのがお勧めです。
メーカーパソコンはすでに完成されたものなので、電源を入れるだけですぐに使えてインターネットなどの導入もサポートが充実しているのでとても簡単です。
一方で、使わないようなソフトが初めからインストールされていたり、パソコン自体のスペックの割には割高だったりすることもあり、パソコンの質にこだわりたい人には少し力不足な部分があります。
自作パソコンと聞くと難易度が高くとっつきにくいイメージがありますが、意外と単純で誰でも手が出しやすいものです。
パソコン本体はネジで箱をとめてあるだけなので簡単に開けられ、あとは中のパーツの組み合わせ次第で自分好みのスペックにすることができます。
例えば仕事で使うのがメインなら作業スピードが上がるようなメモリにしたり、写真や動画をたくさん扱うならハードディスクの容量を多くしたり、ゲームで使うならグラフィックボードの質も重視したいです。
自作パソコンなら自分が重視したい部分だけこだわって後の部分はスペックを下げることができるので、自分の納得いくスペックにした上で費用も抑えられ、メリットがたくさんあります。
初めての自作パソコンで敷居が高く感じるのであれば、パーツの相性や組み方で失敗しないためにも指南書を読むのがお勧めです。
最近では初めての人でも取っつきやすいようセットになっていて組み立てから行うものや、手に取りやすい雑誌で特集が組まれていることもあるのでチャレンジしやすくなっています。

パソコンを自作する理由

男性

性能やデザインにこだわった自分だけのパソコンを手に入れたいなら、自作パソコンがおすすめです。パーツの構成が自由で拡張性も重視できます。パーツやストレージを一から選んで組み立てていく楽しみも味わえますよ。

もっと読む

自分好みにカスタマイズ

女性

自作パソコンなら、自分の希望するパソコンを作り上げることができます。ゲームや音響など目的に合わせた部品を組み合わせれば完成するのです。一つ一つの部品だけでなく、好きなOSもインストールできます。修理費用も部品代しかかかりません。

もっと読む

拘りの1台が作れる

ノートPC

ネット通販で自作パソコンのパーツを買う時は、前もって各店の価格を比較するなど、事前準備をしてから取り寄せましょう。また、キット商品を購入する際は、注文画面のプルダウンメニューから選択して、スペックをある程度カスタムして申込むのも得策です。

もっと読む